© Marumizu Setsubi Co.,Ltd. All Rights Reserved

愛知県春日井市鳥居松町7丁目53 丸水設備株式会社 | 0568-81-2428

ZEB

​ZEB

ZEBとは

1.趣旨

ZEBとは、建物全体で使用するエネルギーを抑え、再生可能エネルギーを活用することによって建物を運用し、石油等の枯渇性エネルギーの利用をゼロにする建物のことである。

ZEBの普及は国としてのエネルギー需給の経済性の改善とともに、建物のエネルギー的自立により、地震等の天災による災害時、外部からのエネルギー需給停止の経済・産業機能停止を防ぐ役割を担っている。

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「建築物については、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現することを目指す」とする政策目標が示されている中、建築計画、建設の一端を担っている当社としても微力ながらZEB普及に向けての活動を支援しています。

当社のZEBは、大がかりな省エネ機械設備の導入ではなく、一般的な機器やシステムの合理化によるスマートな省エネ建物(ZEB)を目指します。

建物基本計画時から、ZEB実現のためのイニシャルコスト、ZEB後のランニングコストを過去の実績やエネルギー利用シミュレーションにより算出し、ライフサイクルコストを考慮しながら、実現可能なZEBを提案しています。

高効率機器の導入、昼光利用照明、空調負荷シミュレーションによる熱源システムの最適化、居住域・タスクアンビエント空調、外気空調、太陽熱利用給湯などのライトな省エネ機器の利用、エネルギー利用の効率化により、ZEB実現を支援いたします。

2.自社のZEB理念

ZEB事例